【岐阜県病薬研修会案内】
第318回 岐阜県病院薬剤師会研修・学術講演会
日 時 : 平成29年9月9日(土) 15時00分より
場 所 : 長良川国際会議場 4階 大会議室
《研修の部》
テーマ:『これからの薬剤師業務の展開を考える』
【会員報告】
1.『オープンシステム型急性期病棟における認定薬剤師の意義』
大垣市民病院 薬剤部 種田靖久 先生
2.『羽島市民病院でのチーム医療におけるリウマチ登録薬剤師としての活動』
羽島市民病院 薬剤部 飯沼恵美 先生
《学術講演会の部》
■情報提供
『肺動脈性肺高血圧症治療剤 ウプトラビ錠』 日本新薬株式会社
■講演
『日常診療における肺高血圧症〜その病態と治療・最近の話題を中心に』
JA岐阜厚生連 中濃厚生病院 副院長 兼 呼吸器内科部長 兼 総合診療部長
安田憲夫 先生
参加費 薬剤師会会員* 500円、非会員 2,000円、学生 無料
*他の都道府県薬剤師会会員の方も会員に該当します。
日病薬病院薬学認定制度に該当する研修会です。
単 位 日本薬剤師研修センター研修制度 1単位(申請予定)
日病薬病院薬学認定薬剤師制度 V-1:0.5単位、X-2:1単位(申請予定)
J-PALS研修会コード 21-2017-0117-101
今後の開催予定 10月7日 12月16日 1月13日 2月3日 3月3日
・・・ 過去の研修会の記録はこちら ・・・