【岐阜県病薬研修会案内】
第339回 岐阜県病院薬剤師会 研修・学術講演会
日 時 : 2019年10月5日(土) 15時00分より
場 所 : 長良川国際会議場 4階 大会議室
《研修の部》
《企画:栄養・褥瘡・糖尿病領域研修委員会・学術委員会
 実施:栄養・褥瘡・糖尿病領域研修委員会》
テーマ『チーム医療の中での薬剤師の役割』
【会員報告】
1.『COPDの栄養療法』
中濃厚生病院 薬剤科 村井邦充
2.『褥瘡治療、薬剤師なにするの?』
山田病院 薬剤部 桐山琢史
3.『糖尿病領域での薬剤師の関わり』
大垣市民病院 薬剤部 中島啓二
【総合討論】
《学術講演会の部》
【情報提供】
『漢方薬の最近の話題について』
株式会社ツムラ
【特別講演】
『脾胃を整える漢方薬』
横浜薬科大学漢方薬学科 漢方薬物学研究室 教授 石毛敦 先生
参加費 薬剤師会会員* 500円、非会員 2,000円、学生 無料
*他の都道府県薬剤師会会員の方も該当します。
単 位 @日本薬剤師研修センター研修制度 2単位
A日病薬病院薬学認定薬剤師制度 V-2:1単位、X-1:1単位
BJ-PALS研修会コード 21-2019-0107-101
★2019年度岐阜県病院薬剤師会研修・学術講演会開催予定について
・・・ 終了した研修会の記録はこちら ・・・