【岐阜県病薬研修会案内】
第342回 岐阜県病院薬剤師会 研修・学術講演会
日 時 : 2020年1月11日(土) 14時30分より
場 所 : 長良川国際会議場 4階 大会議室
《研修の部》
★テーマ『災害発生時における薬剤師の役割』
【会員報告】
演題1『大垣市民病院薬剤部の災害への取り組み』
大垣市民病院 薬剤部 安田 親由
演題2『災害時における日本赤十字社の対応と当院の現状』
岐阜赤十字病院 薬剤部 久松 大介
【教育講演】
『大規模災害における薬剤師の役割〜事例から学び、平時から備える〜』
岐阜薬科大学 実践薬学大講座 実践社会薬学研究室
准教授 林 秀樹 先生
《学術講演会の部》
【情報提供】
『ナルサス錠・ナルラピド錠・ナルベイン注について』
第一三共株式会社
【特別講演】
『大腸がん〜最善の治療戦略と疼痛 supportive care〜』
岐阜大学大学院医学系研究科 腫瘍外科学分野
准教授 松橋 延壽 先生
参加費 薬剤師会会員* 500円、非会員 2,000円、学生 無料
*他の都道府県薬剤師会会員の方も該当します。
単 位 @日本薬剤師研修センター研修制度 2単位
A日病薬病院薬学認定薬剤師制度 V-2:1単位、X-2:1単位
BJ-PALS研修会コード 21-2019-0143-101
★2019年度岐阜県病院薬剤師会研修・学術講演会開催予定について
・・・ 終了した研修会の記録はこちら ・・・